スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカートのジョイント:ひらひら支援1

さっそくひらひら支援1です。

hirahira1

図は、初音ミクver2(左)とエレーナでで改スカート(右)です。
 


  初音ミクver2の後スカートのジョイントは

   X軸 -30°から30° という設定なのです。

  この設定法を踏襲しているモデルも多いと思います。
  わたしも最初はそうでした。

    ところが、後ろ向きに歩いたりするとお尻がでちゃうんですよね。(めったにないけど)
    ダンスでもお尻がでたりします。



  エレーナさんはスカートがものすごくお尻に近いんです。
  ちょっとしたことでお尻が飛び出してきます。


  そこで、右の図のように

   X軸 10°から120° という設定にしています。

  10°(正の値)にすることで、お尻方向にそれ以上いかないようにしているのです。
  そして開く方向へは120°とたっぷり取ってあります。



   この設定法は貫通耐性が高いです。スカートの前側にも応用できます。

      例えば、 前スカートのジョイントを

        X軸 -120°から-10° と設定すればいいわけです。

      あんまりやりすぎると、スカートが開きっぱなしになるので、
      その辺は、躍らせてみて調整です。

      同様に、横スカートのジョイントはZ軸のジョイント回転制限で
      調整できます。右と左で正負は逆になります。

       右横スカート Z軸  10°から120°
       左横スカート Z軸  -120°から-10°  といった具合です。





    スカートをVMDviewで躍らせて調整する場合の補足

       一般的なモデルの場合、スカート剛体は

        接続剛体A:下半身  接続剛体B:スカート前1

       とかになっています。

       スカート前1剛体が下半身剛体と衝突する設定になっていたとしても
       VMDview上では下半身剛体と衝突しません。

        ので、テスト用に下半身剛体のコピーを追加して別グループにしておきます。
        (同じ形状の下半身剛体が2つあって別グループになっている状態)

       VMDview上でネクタイが上半身を貫通するのも同じ理屈です。
       上半身剛体のコピーを追加して別グループにしておいておくと
       貫通を防げます。

         どうやら、VMDview上で接続剛体Aに接続剛体Bは衝突しないようです。


       MikuMikuDance上ではこの症状はおこらないので、
       モデルが出来上がった時点で、追加した剛体は削除して構いません。

   おまけのTipsでした。

 

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

しつこくコメントすみません・・・!
ジョイントの設定をしなおそうと思ったときにこちらの記事がものすごく参考になりまして
どうしても感謝の気持ちを伝えたくて・・・
あとリンクありがとうございますm(_ _)m
こちらからも貼らせていただきましたので暇な時にでもご確認ください。
ではでは。

いえいえ

100連続でも200連続でもコメントしちゃってください!

お~ 参考になったようでうれしいです。
BASARA関連モデルは楽しみにしてるんです。
実は本編はちょっとしか見たことないんですが、
筆頭と幸村のMMDモデルみて格好良さに惚れました。
プロフィール

でで3D

Author:でで3D
よしなしごとはこちら
http://ch.nicovideo.jp/dede

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
都道府県別

ジオターゲティング
国別
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。